メキシコシティで暮らすmangoの超・私的通信


by mangorico3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ポソレ

今日のお昼ご飯はPozole(ポソレ)です。
a0087598_9401123.jpg

ポソレとは何か。
一言でいうと、『とうもろこしと肉の煮込み』。
それに、生のレタス・玉ねぎ・ラディッシュ・アボガド・オレガノと、tostadas(トスターダス、トルティージャを揚げたもの)を添えて、上からライムを絞って食べます。
ポソレには色んなバリエーションがあり、メキシコの各地域の味、各家庭の味があるそうです。
ポソレの基本は上にあげたものですが、肉は豚、鶏、牛から好みのものをいれます。
(ベラクルスとう海辺の町には、魚介類をいれるポソレもあるそうです。)
肉の部位は、足の肉、胸肉、背の肉、頭の肉などこれもお好みで。
↓豚の頭の肉。ゼラチン質でコリコリしている。
a0087598_9413889.jpg

味付けは、大きく分けて3種類あります。
肉ととうもろこしをシンプルにゆでた、白いポソレ。食べる時に、乾燥とうがらしを加えるそうです。
serrano(セラーノ)などの緑色のとうがらしや緑色のトマトをいれた、緑のポソレ。
ancho(アンチョ)やcascabel(カスカベル)などの赤いとうがらしをいれた、赤のポソレ。
何種類もの肉ととうがらしの中から、好みのものを選んで組み合わせて作られるポソレという料理。
奥が深いです。

今日セニョーラが作ったのは、『ハリスコ州風ポソレ』。
豚の頭の肉と背の肉を使っています。
味付けは、赤いとうがらしancho(アンチョ)と乾燥とうがらしguajillo(グアヒージョ)を加えた、赤いポソレ。
ポソレに使われるとうもろこしは、cacahuacintle(カカウアシントル)という、一番大きな実をつけるとうもろこしです。
生の状態からゆでると5~6時間もかかるので、半調理済のとうもろこしが売っています。
これだと、2時間ほどでできあがるそうです。
とうもろこしとは別に肉のかたまりをゆでて、それを細かく切るか裂くかします。
とうもろこしに十分火が通ったら、そこに肉のゆで汁と細かくした肉を加え、同時に赤とうがらしのソースを入れ、塩で味を整えます。
そして、味がよくしみこむようコトコトと煮れば、ポソレのできあがりです。
a0087598_9423651.jpg

実はセニョーラは、ポソレを作るのは今日が初めてだったそうです。
セニョーラがのぞきこんでいた『ポソレのレシピ集』には、ポソレの語源についても書かれていました。
ポソレはもともと、pozolli(ポソリ)といいます。
これは先住民の言葉nahuatl(ナワトル)語で、『あく(スペイン語ではespuma・エスプーマ)』を意味するそうです。
ポソレに必ず使われるとうもろこしcacahuacintle(カカウアシントル、これもナワトル語)はゆでると、花のように開きあくを出すことからこの名前がつけられました。
(ナワトル語とは、アステカの人達を中心にメキシコ中央高原で話されていた言葉です。今でもメキシコには、ナワトル語を話す人々がいます。)
ポソレのもともとの意味が『あく』であると知って、どうしてそんな『不味い』ものの名前をつけたんだろうと疑問に思ってセニョーラに聞くと、「海の、波間に漂う白い泡もespumaと呼ぶのよ。espumaを悪いものという習慣はメキシコにはないの。」と答えました。
日本では、料理する時に出たあくは『味を損なう悪いもの』としてとってしまいますが、メキシコにはそういう習慣はないようです。
コトコトと煮込まれているポソレの表面には、赤い色の泡が漂っていました。
それは、とてもおいしそうでした。

食べてみてもおいしかったですよ!
見た目ほどコッテリしていなくて、とうがらしがはいっているけどそんなに辛くありません。
お昼だけでなく、夕食としても食べられます。
また、二日酔いの時に食べるのも良いそうです。
日本でも作ってみたいのですが、あの大きなとうもろこしを手に入れるのは難しいでしょう。
やっぱり、その土地でしか食べられないもの、というのがいいですね。
ポソレを食べたくなった人、メキシコへ遊びに来てください。
[PR]
# by mangorico3 | 2006-10-01 09:38 | メキシコシティ

屋上風景

a0087598_9332427.jpg

これは、私の暮らすマンションの屋上から見える景色です。
日本のマンションは、安全の問題から、屋上へ立ち入れないところが多いですよね。
メキシコのマンションの屋上は、立ち入りOKです。
どんなふうになっているかというと・・
a0087598_9342967.jpg

いくつも、檻というか、鳥かごのようなものが並んでいます。
その中に鉢植えが置いてあったり・・奥に見えるのは洗濯物・・。
そう、ここは洗濯物を干すところなのです。
マンションの住人たちは、1つずつこの『物干しスペース』を持っています。
使い方は自由で、洗濯を干す人、鉢植えを置く人、屋根をつけて物置として使っている人など、様々です。
ここが洗濯場だという証拠にホラ、
a0087598_9351014.jpg

4月15日の日記に登場したラバデラがずらりと並んでいます。
なんだか、小学校の手洗い場か、キャンプ場の炊事場のような雰囲気ですが、ここは服を手洗いするための場所なのです。
このマンションの部屋には、ベランダはありません。
だから、洗濯物は部屋に干すか、この屋上に干すしかないのです。
それで、洗濯物が風で飛ばされないように、鳥かごのようなものを設置しています。
またこれには防犯の意味もあって、各自、鳥かごの入口には南京錠をとりつけています。

屋上は見晴らしが良くて気持ちがいいのですが、洗濯するたびに屋上まで上がってきて(9階にある)、鍵を開けて洗濯を干すのは、かなり面倒です。
しかもメキシコシティはこの時期雨が多く、曇りがちで、洗濯物が乾きにくいのです。
どんなに濡れた洗濯物も2時間で乾いていたクリアカンの太陽が懐かしい、今日この頃です。
[PR]
# by mangorico3 | 2006-09-30 09:32 | メキシコシティ

メキシコの日々

メキシコでの私の生活は、とてものんびりしています。
仕事が終わるのが6時。
それから布団にはいる12時まで一体何をしているかというと・・。
・会社帰りに寄り道。ウィンドウショッピングを楽しんだり、カフェでコーヒーを飲んだり、映画を見たり。
・次の日のお弁当を作る。これが結構時間がかかる・・1時間~2時間くらい!!
・日本から持ってきたゲームボーイで遊ぶ。MOTHERというゲームにはまっている。
・ホームステイ先の家族とおしゃべり
・バレンティナ(ステイ先の娘さん)と出かける
・家計簿をつける
・仕事に必要な知識などを勉強する(ちょっとだけ^^;)
・音楽を聴く
といった事の組み合わせで、平日の夜は構成されています。
(1日に全部をやっているわけではない)
特に『しなければならないこと』がないので、どれものんびりとやっています。
ふと気づいたのですが、こののんびりとした生活は、テレビとインターネットがないおかげではないでしょうか。
私の部屋にはテレビがなく、インターネットもつながっていません。
思い返せば、京都で働きながら一人暮らしをしていた頃、疲れて家に帰ってきて真っ先につけるのがテレビでした。
なんとなく見ているうちに、どうでもいいと思いながらテレビの前から離れられなくなって、夜遅くなってしまうこともしばしば。
インターネットも、やり始めるとあっちのページ、こっちのページと見るようになり、長時間パソコンにはりついた状態になってしまっていました。
テレビもインターネットも、自分の興味のある事柄に出会えて面白かったのですが、それらを見ている間は、実は休めていなかったのではと思います。
仕事で疲れて、家に帰ってもさらに疲れて、休まらないまま次の日の仕事に行く。
今思えば、そんな毎日だったのかなあ。
もちろん、『テレビを切る意思の強さ』が私にあれば良かったのですが、それがない私には、今くらいのちょっと不便な生活のほうが合っているのかもしれません。
[PR]
# by mangorico3 | 2006-09-28 09:28 | メキシコシティ

骨董屋さんにて

会社にほど近い場所に、Zona Rosa(ソナ・ロサ)という地区があります。
レストランやカフェ、服屋さん、ホテルなどが集まっている、にぎやかなところです。
その中に、骨董品を扱うお店が集まった、Plaza del Angel(プラサ・デル・アンヘル)という建物があります。
毎週土曜日には、さらにたくさんの骨董品屋さんが集まって、市が開かれます。
先日仕事の帰りにたまたまその近くを通ったので、ちょっと立ち寄ってみました。
そこで私の目を引いたもの・・・
a0087598_10523589.jpg

ティーポットと茶壷(お茶の葉をいれておく)と思われるもの、そしてティーカップのセット。
ポットの取っ手とふたは、龍をかたどっているようです。
そして、そこに描かれている絵は・・・
a0087598_10535847.jpg

サ・サムライ!!!
写真がわかりにくくて申し訳ないのですが、どうやらこれは大名行列のようです。
ティーセットにサムライ模様!?
一体誰がこんなものを?!

あわててお店のおじさんに、「こ、これ見せてもらえますかっ!」とお願いしました。
カップの裏には、『安井』という印がはいっています。
「それはサツマだよ。19世紀のものだね」
というおじさん。
サツマ=薩摩?
てっきり、『幕末に日本を訪れた外国人が、日本を珍しがって作らせたティーセット』かと想像していた私は、これが日本人の手によるものだと聞いてびっくり。
うろ覚えだけどそういえば、日本が開国してから、陶器(か磁器)を外国に輸出していた、と聞いたことがあります。
その陶器を包むのに浮世絵が使われていて、焼き物よりも浮世絵の素晴しさに人々は驚いた、などなど。
だから、このティーセットが日本製で、外国に輸出されていたということは、納得できました。
しかし、なぜサムライ柄?
そして大名行列?
ティーカップといえば、蝶や鳥や花など『美しいもの』が描かれた、優雅なものではないでしょうか。
一方サムライは戦士で、優雅とは遠いイメージにあるような気がします。
それにサムライを描くなら、なぜ武術を行っているシーンではなく、大名行列なのでしょうか。
日本から西洋に輸出する陶器に描く、日本のイメージ、もしくは紹介したい日本の姿とは、サムライたちが城主をかごに乗せて城内を歩く(もしくは江戸へ向かう?)大名行列だったのでしょうか。

なんだこれは?!と衝撃を受けたティーセットですが、江戸時代末か明治初期の日本人が、こんな私をびっくりさせるような物を作っていたことが、とても嬉しいです。
サムライたちの顔をよく見ると、どの顔も穏やかで、どこか楽しそうで、なんだかとても平和な雰囲気がただよっています。
これを見た外国の人は、日本のことをよく知らなければ、お祭りかパレードの一場面かと思ったかもしれません。
もしくは当時、大名行列というものは、本当にパレードのようなものだったのかも・・。
最初に見たときは、「サムライ柄のティーセットって、あんまり食欲出ないなあ」と思ったのですが、だんだん、そこに描かれている世界がガリバー旅行記の小人の国のように思えてきて、ミニチュアのサムライたちのパレードがかわいらしく思えてきました。
カップの内側には、こんな絵が描かれているんですよ。
a0087598_10555237.jpg

これまた意味不明な場面ですが・・でもかわいいでしょう。

このティーセットには、7500ペソ(約75000円)というお値段がついていました。
欲しいけど・・・ちょっと手が出ない。
「いつでも見にくればいいよ」と、お店のおじさんは言ってくれました。
時間と国を超えて、こんなところで出会ってしまったティーセット。
せっかくなので、もう少し誰かに買われずにそこに居て欲しいです。
a0087598_1056488.jpg

もし、これが作られた当時の時代背景に詳しいかたがいらっしゃったら、解説をお願いします。
もしくは、一緒にあれこれ想像してみませんか。
これを作った人は、どうしてこんなデザインにしたのかな、とか。
これを見た西洋人は、どう思っただろうかな、とか。
[PR]
# by mangorico3 | 2006-09-25 10:50 | メキシコシティ

メキシコの会社って

私が働いているのは日系企業ですが、やっぱりメキシコにあるのでメキシコ式になっています。
例えば、
①15日ごとに給料が支払われる
『お給料を貰ったら、すぐに全部使っちゃう』らしいので、二度にわけて半分づつ支払われるのが習慣らしい。
私も先日、14日に一回目のお給料をもらいました。
そしてもう、つい3日前に「来週はお給料日だね」なんて会話を交わしました。
もらえる量は同じだけど、何回ももらえるとなんだか嬉しい^^
でも今は、会社によっては月に一度のところもあるそうです。
②給料のほか、クーポン券の支給がある
すべての会社ではありませんが、給料とは別に買い物券や食事券といったクーポン券が支給されます。
ほとんどのスーパーマーケットや、sanbornsというメキシコ各地にあるお店などで使えます。
③始業時刻から15分未満の遅刻には罰則なし。1ヵ月無遅刻無欠勤なら、100ペソの報償がつく。
もちろん、定時に仕事に就くことは当然です。
同僚やお客さんに迷惑をかけることになりますから。
でも、メキシコシティでは交通渋滞が日常的で、いつもどおり家を出ても送れてしまうことがあります。
そこで、15分の猶予を与えているというわけです。
私はこの、『15分セーフルール』に助けられています(つまり、ちょっと遅刻ぎみ^^;)
しかし、メキシコ人も含め多くの人が定時前に来て仕事を始めているので、私もそれに習わなければと思います。
④祝日が少ない
メキシコは日本よりも休みがたくさんあるんだろうなあ、というイメージがあるかもしれません。
が、実際は法定休日は、たったの13日ほどなのです。
バケーションに行く時は、祝日と有給休暇を上手に組み合わせているようです。
ただ、日本のように『有給休暇を取りにくい雰囲気』なさそうです。

と、思いつくのはこのくらいでしょうか。
また気づいたことがあれば、ここでお伝えしますね。
まだ研修中なのでハッキリとはわかりませんが、職場は、日本よりもずっとリラックスした雰囲気です。
仕事は楽ではありませんが、職場としては、日本で働いていた時よりも『楽』かなあと思います。
[PR]
# by mangorico3 | 2006-09-24 10:40 | メキシコシティ

独立記念日

a0087598_12254835.jpg

メキシコシティは、大気汚染で有名です。
オフィスから街を眺めると、たしかに街全体にスモッグがかかっているのがよくわかります。
でも、天気がとてもよくて、遠くまで見渡せる日もあるのです。
中央奥に見えるのがpopocatepetl(ポポカテペトル)、その左にあるのがiztaccihuatl(イスタシワトル)です。
ポポカテペトルは男山、イスタシワトルは女山(女性が横たわっている姿に似ている)と言われ、アステカの神話にも登場するとても有名な山です。
そのポポカテペトルから煙が出てる・・?!
もしかして噴火してる?!
a0087598_12262364.jpg

驚いて、同僚のメキシコ人(おじさん)に声をかけると、
「はっはっは、今日の夜に独立記念を祝うから、ポポ(ポポカテペトルの愛称)も噴火してるんだよ」
と言いました。(もちろん冗談です)
ポポカテペトルは活火山で、過去に噴火したこともありますし、メキシコシティに灰を降らせたり、噴火の恐れから近辺の村々に避難勧告が出されたこともあるそうです。
普段は雲やスモッグで覆われていてよく見えないのですが、こうしてくっきり見える日もあるんですね。

そうそう、明日はメキシコの独立記念日。
イダルゴ神父が独立運動を始めた11月16日を、記念日としています。
今日の夜11時に大統領が、イダルゴ神父の蜂起の叫びになぞらえたグリート(叫び)を行います。
その時間人々は、メキシコ各地の州庁舎前や大学、広場に集まって、またテレビの前で、ともに「ビバ!(万歳)」と叫びます。
詳しくは去年の日記を参照
独立記念日の前には、こんなふうに国旗や国旗色のグッズを売るお店が街にあふれます。
a0087598_1227413.jpg

私も、国旗カラーのストールを買って、会社につけて行きました。
レストランやお店も、独立記念の飾り付けで華やかになります。
9月11日の日記に登場したカフェの飾りつけもそうです。

この日の夜、ホームステイをしている家族とともにポソレという料理を食べ、独立を祝いました。
a0087598_12273492.jpg

メキシコのランチェーロという音楽をかけて、シルビアさんとバレンティナは楽しそうに踊っています。
この後バレンティナは、パーティを二つかけもちして出かけていました。
私も誘われたのですが、そんな体力はありません・・。
結局帰ってきたのは、翌日のお昼12時頃。
メキシコ人って、ほんとにタフで元気です。
[PR]
# by mangorico3 | 2006-09-15 12:24 | メキシコシティ

仕事のこと

私の住む家から会社までは、バスと徒歩で30分くらいです。
バスは片道2.5ペソ(約25円)。
会社の最寄のバス停は、地下鉄とバスターミナルが一緒にある場所で、多くの人が行き交います。
庶民的なカフェや朝ごはんを売る屋台が並び、とてもにぎやか。

会社が始まるのは朝の9時。
お昼ごはんは、2時から3時までです。
9時から2時まで何も食べないのはさすがにつらいので、11時から12時頃に一度、軽食をとることができます。
といっても、コーヒーを飲んで、パンやクッキーなどを口に入れるくらいですが。
お昼ごはんを食べたら、6時まで仕事。
慣れれば、この時間割はとても良いと思います。
朝の元気なうちに仕事をこなしてしまえば(5時間)、午後は残り3時間です。
お昼ごはんの時間が遅いので、仕事が終わった頃お腹がぺこぺこというわけでもなく、帰ってから夕食を作る余裕もあります。
私の働く会社は、日本人スタッフとメキシコ人スタッフが半々です。
忙しい時期には残業もありますが、ほとんど皆、定時にぴたっと終わります。
終わったら、さっさとオフィスを後にします。
「あー嬉しい!これから何しよう!」なんて気分になります。
今まで日本では営業の仕事をしていたのですが、私の仕事が遅いのも手伝って、毎日夜の9時10時まで会社にいるのが普通でした。
だから余計に、この6時に終われる生活が嬉しくって!
世間のOLは、みんなこんな風だったのかな?
a0087598_11344578.jpg

オフィスは、ビルの36階にあります。
ガラス張りのフロアから、メキシコシティが一望できます。
ちょっと疲れたら、眼下に広がるこんな景色を見て楽しんでいます。
[PR]
# by mangorico3 | 2006-09-14 10:01 | メキシコシティ

メキシコシティ暮らし

メキシコシティに着いてから、3週間ちょっとが過ぎました。
私が暮らすのはこんな家です。
a0087598_11325190.jpg

お母さんのシルビアさんと娘さんのバレンティナさんは、大学で人類学を学んでいました。
だから家の中には、メキシコ各地の民芸品がたくさんあります。
シルビアさんは学生の頃、民族衣装のブラウスを着て学校に通っていたそうです。
なんて私にぴったりの家!
私も思わず、日本の民芸品や浮世絵について力説してしまいました。
a0087598_11332977.jpg

台所はこんなかんじ。
アパートなので、台所やトイレ、シャワーは3人で共有しています。
私の部屋の写真は・・ちらかっているので載せないでおきます・・。
机とベッドとクローゼットのある部屋です。
東側に窓があるので、明るい朝日がさしこんできます。

家賃は月1500ペソ(約15000円)。
食事は別で、自分で作っています。
日本で会社員をしていた時は毎日外食していたのに、なんと今はお弁当を作って持っていっているのです!
今のところ、ほぼ毎日続いています。
これには自分が一番驚いています。
そして、けっこう楽しいのです。
毎日会社で、自分の作ったお弁当を食べるのが楽しみ。
やればできるじゃん、私!
ここの家族は日本食が大好きで、私の作る薄味の料理をおいしいと言ってくれます。
バレンティナは25歳。
料理を教えてあげていると、妹がもう一人できたようで楽しいです。
[PR]
# by mangorico3 | 2006-09-13 10:00 | メキシコシティ