メキシコシティで暮らすmangoの超・私的通信


by mangorico3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

菊とサボテンと

a0087598_13213272.jpg

左手に見える花は、白い菊。
そしてその隣にサボテン。
テーブルにしいているのは、アンティークの帯。
我が家のある日の光景です。

メキシコでは、白い菊は特に仏花ではなく、一般的に家に飾ったりしているようです。
なんとなく日本では家に飾りたくないけど、良く見ると菊ってきれいですよね。
[PR]
by mangorico3 | 2007-09-23 13:22 | つれづれなるままに

鳥の丸焼きシナロア風

丸焼きといっても、食卓に出される時は食べやすくカットしてありますが。
a0087598_1236429.jpg

メキシコシティでも、丸ごとの鳥が串刺しになってぐるぐる回りながら焼かれている光景をよく見かけますが(写真がないと、どんな風かわかりにくいですね)、これはほとんど味がついていません。
これはこれでおいしいのですが、シナロア風というか、メキシコ北部ではあれかじめ特製ダレを塗りこんでおいて焼くようです。
焼く時も串刺しにしてぐるぐる回すのではなく(って、言葉ではわからないですよね)、炭火の上にアミを置いてその上で焼きます。
写真のアミは、各テーブルに出すための小さいもので、本当はでっかいアミで大量に焼いています。
今日はたまたまコヨアカン地区を歩いている時にこのお店を見つけ、「北部スタイルの鳥の丸焼き」という文字にひかれてふらふらと入ってしまいました。
写真は約二人分で、鳥1/2匹です。
その他に、ウチワサボテンとトウモロコシをいためたもの、小たまねぎを焼いたもの、メキシコ風ごはんがつきます。
a0087598_1384670.jpg

このセットが70ペソくらいだったかな?
ふつうの鳥の丸焼きに比べると高いですが、とてもおいしかったです。
一緒に行ったMくん(ルチャドールになってますが、本業は考古学です)と、無言でがつがつとたいらげました。
[PR]
by mangorico3 | 2007-09-22 12:30 | メキシコシティ

今日の一枚 9月16日

a0087598_14294862.jpg

職場の近所にある、独立記念の飾りつけ。
目抜き通りであるレフォルマ通りや、ソカロの飾りつけはもっと派手らしいのですが、そこまで行く余裕がなかったので近場でパチリ。
独立記念日を彩った国旗などの飾りつけは、独立記念日が終わってもすぐに取り払われません。
今月いっぱいは独立記念月(?)なので、そのままでいーのです。
そうこうしてるうちに10月にはいって、いつのまにか「死者の日」の飾り付けに変わっていくのでしょう。
時の流れは速いもの。
気がつけば、私がメキシコシティに住み始めてから、もう1年が過ぎていました。

ビザの更新、早くしなくちゃ!
[PR]
by mangorico3 | 2007-09-16 14:29 | メキシコシティ

今日の1枚 9月15日

a0087598_14164967.jpg

9月16日はメキシコの独立記念日です。
15日の夜から16日をまたぐ深夜にかけて、家族や友達が集まって独立を祝います。
メキシコシティ時間の11時(メキシコは広いので4つの時間帯があります)、大統領が国立宮殿で演説をし、「VIVA(万歳)!」と叫ぶのにあわせて、メキシコ中が「VIVA!」の声に包まれます。
我が家でも、椅子に乗った彼女が大統領の役をつとめ、独立の叫びをあげます。
メキシコ人は「独立を戦いで勝ち取った」という思いが強いので、この独立記念日はその喜びをかみしめる日であり、自分はメキシコ人であるというアイデンティティーを再確認する日でもあります。
独立記念日にむけて町中が国旗のデコレーションでいっぱいになり、道を歩けばリヤカーに大中小さまざまの国旗や、国旗柄のグッズをつんだ物売りに出会います。
赤・白・緑のメキシコ国旗があちこちでひらめく様は、とても華やかできれいでした。
[PR]
by mangorico3 | 2007-09-15 14:15 | メキシコシティ