メキシコシティで暮らすmangoの超・私的通信


by mangorico3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

停電

仕事が終わり、いつものバスに乗って家路へ。
家の最寄のところで降ろしてもらって歩いていると、何かいつもと違っていることに気がつきました。
なんだかあたりが暗い!
家やお店に明かりがついてないのです。
私の住んでいる地区全体が、停電していました。
アパートに到着すると、セニョーラがろうそくの明かりを灯して、部屋のベッドに横になっていました。
私もひとつろうそくを借りて、部屋に灯します。
何もすることがないので、ベッドに横になりぼーっとしてみました。
まあ、よくあることなのですが。

メキシコシティは、停電がよく起こります。
どうしてなのかなあ?
電気の需要と供給のバランスがとれてない(つまり、電気の使いすぎ)という話も聞いたことがありますが。
最初はとてもびっくりしたのですが、今では「ああ、またか」という感じで、ろうそくを取り出して明かりをつけるだけです。
近所の食料品などを売っている雑貨屋さんにも、ろうそくは常備されています。

そういえば日本にいた時、停電がとても楽しみでした。
町中の明かりが消えて、まっくらで、星がとてもきれいに見えた記憶があります。

そうこうしているうちに、電気が戻りました。
1時間か1時間半くらい続いていたようです。
次の停電はいつかな?

↓停電を楽しもう!ということで写真をとってみました。
地面に落ちているのは、ハカランダの花です。
真っ暗な中で、通り過ぎていく車のライトがとてもまぶしくて、それがハカランダの花を照らしていてきれいでした。
a0087598_13555539.jpg

[PR]
by mangorico3 | 2007-03-29 13:45 | つれづれなるままに

ハカランダが咲くと春

a0087598_1411551.jpg

日本は桜の季節ですね。
メキシコでは桜は見られないので、とてもうらやましいです。
ここメキシコで春を告げる花といえば、jacaranda(ハカランダ、日本ではジャカランダと呼ばれているようです)です。
メキシコシティのあちこちで、青紫色の花をつけているのを見かけます。
ハカランダが咲くと春が来た、と言われているそうで、メキシコシティも春かあ・・と嬉しくなります。
もっとも、日中は夏か?と思うくらい暑くなるので、すでに季節感は失っているのですが。

写真は、日本食材店に行く途中の住宅地にて。
ハカランダ並木がきれいでした。
足元には、落ちたハカランダの花が散らばっていて、それもきれい。
少し、日本の桜を思い出しました。
桜と異なっているのは、ハカランダは釣鐘型の花をしていて、花びらではなく花ごと落ちるということ。
地面に落ちて踏みつけられている花を見ると、少し悲しい気もします。
しかし、ハカランダは1ヶ月くらいずっと花をつけているそうで、しばらく『お花見』を楽しめそうです。
[PR]
by mangorico3 | 2007-03-26 13:58 | メキシコシティ

今日は祝日

今日は祝日で、仕事はお休みでした。
3月21日が『ベニート・フアレス大統領の誕生日』でお休みなのですが、その祝日が19日に移動してきて、3連休になりました。
とてもダラダラとした、それはそれで有意義な連休でした。
今日は昼前に起きて、Valentina(バレンティナ、ホームステイ先の娘さん)が友達から借りてきたDVDを一緒に見て、それからひとりでフラッと散歩に出て、屋台でトルタを食べました。
近くのショッピングプラザに行ってウィンドウショッピング、1本映画でも見ようかなあと思いつつやめて、その近くにある『カフェ・アマノ』という日本人のオーナーさんの喫茶店でアイスコーヒーを一杯。
家に帰ると、バレンティナの彼が遊びに来ていて、おみやげに持ってきてくれたケーキと緑茶を飲みながら家族でおしゃべり。
ケーキは、マメイという、柿に少し似た甘いフルーツのケーキで、とてもおいしかったです。
その後、彼と一緒に再び出かけたバレンティナの代わりに、セニョーラが食器を洗うのを手伝いました。
そして今、こうしてブログを書いています。
メキシコにいてもいなくても、たいして変わらない日常のヒトコマを紹介してみました。
↓今日のお昼ご飯。近所のトルタ屋台にて。
 トルタの具は、卵とソーセージ、トマト、(お好みでハラペーニョ)、(アボカド)、フリホーレス(豆の煮込みをつぶしてペースト状にしたもの)です。
 値段は、トルタ20ペソと飲み物7ペソで、計27ペソ(約270円)です。
 庶民の味方価格!
a0087598_1359440.jpg

[PR]
by mangorico3 | 2007-03-19 13:43 | つれづれなるままに

今日の空 3月18日

a0087598_13384428.jpg

さすがに二日酔いも治りました。
今日もいい天気だったので、ちょっと屋上へ。
うまく写真に撮れないのですが、こういう、『扉をぬけて明るいところへいく』ことが好きです。
[PR]
by mangorico3 | 2007-03-18 13:38 | つれづれなるままに

今日の空 今日の気分

a0087598_13314838.jpg

昨日、上司の家でパーティがありました。
の・・飲みすぎた。
チューハイのような飲み物を、飲みやすいからとついつい飲みすぎました。
今日は二日酔いで、1日ベッドの上でごろごろしていました。
窓から見上げた空。
いい天気だなあ。
でも、クリアカンの空のほうが青かったなあ。
理由はわかりませんが、メキシコシティの空のほうが薄い青をしています。
・・・・
あー、Que flojera(ケ・フロヘーラ)・・。
(ケ・フロヘーラを覚えてますか??)
[PR]
by mangorico3 | 2007-03-17 13:30 | つれづれなるままに

こんな家に住みたい

a0087598_6422152.jpg

あっ、窓辺にハトが。
モレーリアを散歩していて見つけた家です。
[PR]
by mangorico3 | 2007-03-10 06:50 | メキシコの旅

モレーリアへ!

モレーリアに行ってきました。
思えば去年の11月に、仲の良い友達家族を訪ねる予定だったのが風邪のため中止になり、今回やっとそれが叶ったというわけです。
メキシコシティからモレーリアまではバスで5時間です。
久しぶりの遠出!
普段とは違う景色、違う空気を吸うのはいいですね。

私の友達の家は、小さな食堂をしています。
おばあちゃんとお母さんが料理を作り、息子さんやその友達が店を手伝っています。
私が遊びに行った土曜日は食堂が開いている日で、私もお客さんと一緒にお昼をごちそうになりました。
ここに来れば、「メキシコの家庭料理」が食べられます。
こってりしていなくて、優しい味が大好きです。
↓お店を手伝っているフェルチョくん。
a0087598_1313515.jpg

↓息子さんのラサロ
a0087598_13519.jpg

このお店、というかこのお家には、人が大勢集まります。
息子さんたちの友達なのですが、朝から晩まで誰かが出入りしていて、まるで大家族のようです。
お客さんがいない時には、ギターを弾いたりピアノを弾いたり歌を歌ったり、ただ冗談を言って笑いあったり。
土曜の夜は、明け方までビール片手にどんちゃん騒ぎ(?)をしたりしています。
といっても好き勝手させているわけではなくて、みんなお母さんとおばあちゃんに一目おいています。
女手ふたつで店を切り盛りするこの二人は、『dueña(ドゥエニャ、女主人の意)』、『 jefa(ヘファ、ボスの意)』と呼ばれていて、優しくて強いみんなのお母さんでもあるのです。
↓お客さんがいなくなったあと
a0087598_1336893.jpg

↓食べ物をじっと見つめる、飼い犬チェステル
a0087598_133727.jpg

こんな感じで、モレーリアの家は私にとってとても居心地のいい場所です。
[PR]
by mangorico3 | 2007-03-04 12:49 | メキシコの旅