メキシコシティで暮らすmangoの超・私的通信


by mangorico3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2007年 02月 27日 ( 1 )

恐るべしトウガラシ

今日は、salsa mexicana (サルサ・メヒカーナ)を作りました。
サルサ・メヒカーナは『メキシコのサルサ(ソース)』の意。
メキシコにサルサは数あれど、『メキシコの』という形容詞がついたのはこれだけ。
作り方は簡単。
生のトマトと玉ねぎと青トウガラシを細かくみじん切りにし、塩で味付けしながら混ぜます。
以上!(お好みでコリアンダー(香草)が入っているものもあります)
これが『メキシコのサルサ』と呼ばれるわけは、メキシコの国旗色、赤・白・緑が配されているからです。
a0087598_1573458.jpg

彩り鮮やか。
トマトの甘さとみずみずしさ、そこにピリッとアクセントをつける青トウガラシ。
このサルサをいれてスクランブルエッグを作ったり、タコスやスープに加えたり、用途は色々です。
そのサルサを、今日初めて作りました。

が、私は青トウガラシというものを少々侮っていたようです。
材料をすべて切り、塩をふって混ぜ終えた頃。
青トウガラシを触った手で、つい目のふちを触ってしまいました。
すると、しみることしみること!
しまったーーーーーーー!
慌てて石鹸をつけて手を洗い、目も洗いましたが痛みは続きます。
さらに、私の左手がじんじんと痛み出しました。
もしやと思ってセニョーラに聞くと、
「トウガラシのせいね。私はもう慣れてしまって、そんなこと全然ないけど」
との答え。
なんとトウガラシは、舌だけでなく手でも感じるもののようです。
それから約1時間半が過ぎた今でも、手は熱をおびて痛みます。
もう一度石鹸で洗いましたが、効果なし。
トウガラシ、恐るべし。

こんな威力のあるトウガラシ、何かにつかえないでしょうか。
たとえば、汁をスプレーボトルに詰めて、護身用に持ち歩くとか・・。
なんせ、触れただけでも痛いんだから、目に吹きかけられた日にはもう、のた打ち回ることでしょう。
全国の非力な女性の皆さん、ぜひお試し下さい(ウソです)。
あー早く痛みがひかないかなあ・・・。

後日談:翌日の朝も、まだ手がじんじんしていました。
ホントに、恐るべしトウガラシ・・。
[PR]
by mangorico3 | 2007-02-27 15:05 | メキシコ雑学