メキシコシティで暮らすmangoの超・私的通信


by mangorico3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

モレーリアへ!

モレーリアに行ってきました。
思えば去年の11月に、仲の良い友達家族を訪ねる予定だったのが風邪のため中止になり、今回やっとそれが叶ったというわけです。
メキシコシティからモレーリアまではバスで5時間です。
久しぶりの遠出!
普段とは違う景色、違う空気を吸うのはいいですね。

私の友達の家は、小さな食堂をしています。
おばあちゃんとお母さんが料理を作り、息子さんやその友達が店を手伝っています。
私が遊びに行った土曜日は食堂が開いている日で、私もお客さんと一緒にお昼をごちそうになりました。
ここに来れば、「メキシコの家庭料理」が食べられます。
こってりしていなくて、優しい味が大好きです。
↓お店を手伝っているフェルチョくん。
a0087598_1313515.jpg

↓息子さんのラサロ
a0087598_13519.jpg

このお店、というかこのお家には、人が大勢集まります。
息子さんたちの友達なのですが、朝から晩まで誰かが出入りしていて、まるで大家族のようです。
お客さんがいない時には、ギターを弾いたりピアノを弾いたり歌を歌ったり、ただ冗談を言って笑いあったり。
土曜の夜は、明け方までビール片手にどんちゃん騒ぎ(?)をしたりしています。
といっても好き勝手させているわけではなくて、みんなお母さんとおばあちゃんに一目おいています。
女手ふたつで店を切り盛りするこの二人は、『dueña(ドゥエニャ、女主人の意)』、『 jefa(ヘファ、ボスの意)』と呼ばれていて、優しくて強いみんなのお母さんでもあるのです。
↓お客さんがいなくなったあと
a0087598_1336893.jpg

↓食べ物をじっと見つめる、飼い犬チェステル
a0087598_133727.jpg

こんな感じで、モレーリアの家は私にとってとても居心地のいい場所です。
[PR]
by mangorico3 | 2007-03-04 12:49 | メキシコの旅